公認会計士の資格取得はどうすればいい?

公認会計士の資格は国家資格の中では司法試験の次に難関と言われています。
実際大学在学中に合格できる率は極めて低く、多くの方が、公認会計士事務所や一般の仕事をしながら勉強を続け、資格取得を目指していたり、または早期資格取得を目指して学校に通いながら試験を受け続けている方などもいます。
いずれにしても、これという絶対的な成功の道はなく、ただ黙々と自身に合った勉強方法で地道に勉強を続けるしかないわけですが、仕事をしながら勉強をして資格が取得できるほど簡単な資格ではないため、ゆるされるのであれば、ある程度の資金を確保したり、または家族などのサポートを受けて、短期集中的に期間を限って、勉強に集中し、資格取得を目指す方が得策です。
その際には、自宅で独自に勉強をしたり、通信教育などを利用するよりは、学校に通い規則正しいリズムで勉強を進めて行く方が精神的にも健全に勉強が勧められるハズです。
そして大切なのは、しっかりとリミットを決め、段階的に勉強を進めていくことです。