住宅ローン年収と健康状態は審査に関係ある?

住宅ローンを契約すると、団体信用生命保険に加入することになります。
この保険は、もし契約者が亡くなってしまい、その後の返済が出来なくなった際に残りの住宅ローンが弁済されて残金がゼロになるというものです。
この団体信用生命保険に加入するためには、持病や病歴、健康状態などを申告する必要があり、もし健康状態が悪ければ保険に加入することが出来ない=住宅ローンの契約が出来ないということになってしまうのです。
ただし、一部の銀行では金利に手数料を上乗せして支払えば加入条件を拡大した団体信用生命保険に加入できるということもありますので、年収などは問題ないけれども健康状態だけが引っかかってしまうという場合には、救済案を考えてみても良いでしょう。
住宅ローンは年収の何倍まで?借入れ額の目安は?【審査に通る収入割合】